セットバック(道路後退)とは?

接道幅が4mに満たないときに、道路の中心から2m後退して建物を建築することです。

例えば、道路幅3.5mで土地の反対側が宅地であれば、道路の中心から2m=25cm後退(反対側の宅地も同様)となりますが、同条件で反対側に河川しかない場合は、河川側から2mが中心点=中心点から2m確保=50cm後退となります。

よって、セットバックを必要とする際は、土地の一部を道路として提供し、上記のように道路幅を確保しなければなりません。

また、セットバックした土地には、建物だけでなく、門・塀・花壇なども設置してはいけません。

カテゴリー: 分譲地・土地に関する用語   パーマリンク

コメントをどうぞ