その土地から「遺跡」が出てきた場合は?

遺跡は「埋蔵文化財」と言われます。

もしその土地が「埋蔵文化財」に該当していた場合に土地の掘削等を行う場合は、教育委員会に届出をしなくてはなりません。

全ての物件ではありませんが、教育委員会立会いの下、指定箇所の掘削を行い、もし、埋蔵文化財等が出てきた場合は、まれに発掘調査を行わなければならない場合があります。

その期間は工事がストップします。

希望する土地が埋蔵文化財に該当するか否かは、教育委員会に行けば確認できます。

カテゴリー: 分譲地・土地に関する用語   パーマリンク

コメントをどうぞ