カテゴリー別アーカイブ: はじめに

納得できる住宅を建てるためには?

住宅を買う・建てるということは「売買契約」「建築請負契約」となります。それは、双方が「契約を履行する」ということになりますので、通常の買い物とは意味合いが違います。また、専門性の高い業種であるため、一般の方では分からないことがたくさん出てきます。不明なことは納得できるまで教えてもらう機会を設けるため、また施主となるあなたの要望を確実に伝えるため「打ち合わせ」という作業が大変重要です。住宅を建てるという人生の一大イベントの中でお互いの信頼関係を築くわけですから、専門知識だけでなく「話しやすい」「楽しい」「分からないことを聞けば教えてくれる」「ペースをあわせてくれる」などの「人間関係」も重要となります。「住宅探し=住宅を見る」ことになりがちですが、まずは、「完成見学会」や「モデルハウス見学」をきっかけに、会社探しではなく、あなたに合いそうな住宅の専門家探しを始めてみてはいかがでしょうか。「住宅探し=人探し」からといっても過言ではありません。嘘のような話ですが、初めて見学会などに参加する事を考え出したときは「見に行ったらその後の営業がしつこいんやろうな」と考えることが多いと思いますが、いざ行ってみると「うちで買わんといかんいうことはないけん、とりあえず見ていって」「よそは行ってみた?うちだけではなくよその住宅会社も見に行ってみんけん」「何か聞きたいこととかあったら別にうちで建てる・建てんは気にせんでええけん遠慮なく聞いてよ」「この資料あげるけん、見てみて気に入ったら連絡ちょうだい」など、見学に行った側からすると「営業する気あるん?」と、拍子抜けをするようなことを言ってくれる方は本当にいらっしゃいます。その方たちは、純粋にお客様の事を思い、「納得できる良い住宅を建てていきたい。また、この方が気に入る住宅を気に入ったところで建ててくれるのが一番」という思いを持っています。それは心から住宅が大好きな人間が、「自信のある家作りをきちんとしているからこそ、ご家族が幸せになれる家作りは時間をかけて納得できるようにしたら良いよ」という信念があるからです。また、施主側では、住宅を建てようと色々な住宅会社や見学会に行ったり、専門家のお話を聞いたり、ご自分で色々調べたりしながら、検討を始めてから数年が過ぎている方たちもいらっしゃいますので、「見学に行く=即購入」というわけではありません。あなたのペースを尊重し、的確にアドバイスしてくれる住宅会社・人選びをするという気持ちで行動してみるといいでしょう。 家族の夢である住宅を楽しく建てていくため、心から信頼できる方を一生懸命探してください。一度お付き合いが始まると、一生のお付き合いになることもしばしばです。まずは焦らず騒がず、そこからスタートすることが重要であると思います。

カテゴリー: はじめに | コメントをどうぞ

住宅を建てる際の一般的な流れ

一般的な住宅を建てる際の流れ 「家が欲しい」と思っても、一体何から始めれば良いのかよく分からないと思われます。今後の住宅取得へ向けた目安として土地探しを含む注文住宅取得に向けた一般的な流れをご説明いたします。 ・家が欲しいと思う ・会社選びを始める(どんな住宅がいいか大雑把に検討) ・好みの家を建てている会社を数社選択 ・その会社が行っている完成見学会・モデルハウス見学に行く(資金相談がある場合も) ・任せられる人がいるかどうか確認 ・会社選択・見学・任せられる人探しを繰り返す ・「この人なら大丈夫だ」と思える人と出会う ・その人に住宅の予定地・こんな家が欲しい・ローンは組めそうかを相談 ・その方と一緒にまたはご自分で土地を探す(希望地や希望予算などを伝える) ・土地を実際に見に行く(一緒に行くだけでなく、ご自分でも何回も通う) ・ある土地を気に入る(商談優先権を獲得したい場合は申込金が必要) ・住宅会社のサポートの元、住宅ローンの事前審査 ・事前審査に通る ・重要事項説明を受ける(精読する・納得する・押印する) ・納得して土地を契約・ローン申請書類を準備する(精読する・納得する・押印する) ・ローンの承諾を受け、融資証明書をもらう ・住宅ローン会社・団体と住宅ローン契約を結ぶ ・土地の引渡しが行われる ・住宅プランの打ち合わせを行う(納得いくまで何回も) ・素敵な住宅プランが決まる ・建築請負契約を結ぶ(精読する・納得する・押印する) ・地鎮祭 ・棟上式 ・建っていく我が家を見に行く。現場で頑張っている方たちをねぎらう ・完了検査に通る ・住宅が引き渡される ・マイホームが手に入る

カテゴリー: はじめに | コメントをどうぞ

長期優良住宅とは?

平成21年に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」によって定められた基準を満たす住宅の事を指します。背景には、住宅を長期にわたり使用することで、廃棄物を抑制し環境負荷を減らすこと、改修しやすくすることで、建て替えにかかる費用を減らし、国民の住宅に関する費用を減らすことで、国民にとってより豊かでより優しい暮らしができるようにしようという考えがあるからです。 なお、長期優良住宅に認定されるためには、「耐震性」「省エネルギー性」「維持管理・更新の容易性」「バリアフリー性」「住戸面積」「居住環境」「劣化対策」「維持保全管理」「可変性」「住宅履歴」において、各基準値を満たすことが必要です。また、長期優良住宅と認定されると、優遇税制・補助制度が活用できることがありますので、詳しくは長期優良住宅を設計・施工されている住宅会社へお尋ねください。

カテゴリー: はじめに | コメントをどうぞ

住宅の構造は?その特徴は?

住宅の構造は?特徴は? 通常の2階建て住宅であれば、「木造」といわれるものが大半ですが、主要な構造とその特徴について簡単にご説明いたします。 木造 軽く・軽いわりに強度があり、保湿しやすく、加工しやすい。しかし、乾燥が不十分だと反りや狂いが出てくる恐れがある。吸湿性があり、湿度の調整をしてくれる木造住宅は、結露を防止してくれる作用もあり、高温多湿な日本で適している構造であると一般的には言われています。 工法としては主に、在来工法・プレハブ工法・ツーバイフォー工法等があります。 鉄筋コンクリート造(RC造) 重い・燃えない・耐久性があるのが特徴です。よって、大規模な建物に採用されることが多いのが特徴です。しかし、増改築が難しいとされています。構造としては主にラーメン構造・壁式構造等があります。

カテゴリー: はじめに | コメントをどうぞ

協力業者(専門業者)とは、どんなことをしているのですか?

協力業者(専門業者)とは、住宅における各専門工事を行います。例えば、水道・電気・ガスや、基礎工事・ガラスサッシ・左官・内装などと呼ばれるものが該当します。また、大工は、施工会社に在籍する自社大工であるか、専門業者として独立している大工であるか、依頼先の会社によって変わってきます。 主な業務は、施工会社(現場監督)指示の元、予定通りかつ正確に各種専門工事を滞りなく進めることです。

カテゴリー: はじめに | コメントをどうぞ

施工会社とはどんなことをしているのですか?

施工会社とは、住宅を建築する業務を請け負います。俗に言う「現場監督」がいるところがここに該当します。主な業務は、設計士が作成した図面に基づき、専門工事を行う「協力業者」が指示通りに工事を行っているかチェックしたり予定通りに工事ができるようスケジュールを調整したり、現場に事故が起きないよう配慮したり、工事前には、近隣の方々へのあいさつ回りをしたりと、業務は多岐にわたります。文字通り現場の全てを把握し、滞りないよう工事を進めるプロフェッショルです。

カテゴリー: はじめに | コメントをどうぞ

設計士とはどんなことをしているのですか?

設計士とはどんなことをしているのですか? 設計士(建築士)とは、読んで字の如く、住宅を設計する国家資格を有する者であり、様々な個性を持った設計士が存在します。主な業務は、「住宅のプラン作成・設計」と「住宅施工中の監理業務」となります。例えば、「どんな住宅にしたいか」「建物の予算はどれぐらいか」などの要望をお施主様からお聞きし、それを元に建築プランを作成後、社内又は社外の施工会社と連携し、お施主様に住宅プランや見積もりを提出・説明します。その後建築請負契約となれば、社内又は社外の施工会社が行う工事が、図面どおり進んでいるかなどをチェックする監理業務を行います。 なお、設計士(建築士)は、1級・2級の区別があり、住宅業務を行えるのは、2級以上の有資格者となります。1級建築士は、国家資格の中でも難関資格として有名です。

カテゴリー: はじめに | コメントをどうぞ

住宅会社の種類について

 「新築の住宅が欲しい」と思ったら、どこに行けばいいのでしょうか? まず、その住宅は2つのパターンに分かれます。1つ目は、自分の建てたい自由設計の「注文住宅」2つ目は、希望エリアに既に立っている「建売住宅」です。 まず、注文住宅の場合は、どこに行けばいいのでしょうか? 1.「〇〇ハウス」「〇〇ホーム」などと呼ばれるハウスメーカー ➡宅建・建設業許可・建築士事務所の登録全てを有している住宅会社 メリットは、土地と建物を一括で取引ができること。すべてにおいて相談可能。 2.「〇〇ホーム」「〇〇工務店」「〇〇建設」などと呼ばれる施工会社 ➡宅建・建設業許可・建築士事務所の登録全てまたは一部を有している住宅会社 メリットは、土地と建物一括で相談できるところもあれば、俗に言う「工務店」なので、全国規模で展開する工法のFC加盟店であったりすること。 3.「〇〇設計事務所」と呼ばれる設計事務所 ➡建築士事務所登録をしている住宅会社 メリットは、個性的な建物、意匠性の高い建物など設計のプロがプランニングすること。 4.「〇〇不動産」と呼ばれる会社 ➡宅地建物業取引業の許可を有している住宅会社 メリットは、土地情報の豊富さ。 次に建売住宅の場合はどこに行けばいいのでしょうか? 1.「〇〇ハウス」「〇〇ホーム」などと呼ばれるハウスメーカー ➡宅建・建設業許可・建築士事務所の登録全てを有している会社 メリットは、俗に言う大型団地の建売住宅を取り扱っているところ 2.「〇〇ホーム」「〇〇工務店」「〇〇建設」などと呼ばれる施工会社 ➡宅建・建設業許可・建築士事務所の登録全てを有している会社 メリットは、提携する大型団地などの建売住宅を取り扱っていたり、自社分譲住宅を保有していること。 3.「〇〇不動産」などと呼ばれている会社 ➡宅地建物業取引業の許可を有している会社 メリットは、物件情報の情報の豊富さ 上記は、簡単に住宅会社を分類しておりますが、各住宅会社様が保有している許認可番号は、上記分類の限りではございません。

カテゴリー: はじめに | コメントをどうぞ

住宅を設計・建築・販売するために必要な許認可とは?

住宅を販売・設計・施工するためには、下記の許認可を持った事業者が必要です。 宅地建物取引業免許:宅地建物取引業 愛媛県知事又は国土交通大臣 (0)0000号 保有業種:ハウスメーカー・不動産業者・工務店など できること:土地・建物の取引(不動産業) 義務:土地・建物を取引する際の重要事項説明 *  (0)内の数字は、5年毎に更新しなければならない宅地建物取引業許可の更新回数を示すものです。カッコ内の数字が大きければ大きいほど、宅地建物取引業を長く営んでいるということです。 建設業許可:建設業許可(般-00)0000号 保有業種:工務店・ハウスメーカーなど できること:住宅の施工や土地開発など *  カッコ内の数字は、その許可を受けてからの更新年数を表します。カッコ内の数字が大きければ大きいほど、長く建設業許可を有していることになります。 建築士事務所:0級建築士事務所 0000号 保有業種:設計事務所・ハウスメーカー・工務店など できること:住宅の設計・監理 *  住宅を設計できるのは、1級又は2級建築士です。 以上の3つで、住宅を設計する・建てる・売ることの認可を受けていることとなります。1社で全ての許認可を保有して、一括で業務を行っているところもあれば、1社が1つないし2つの許認可を持って、窓口となる会社が、他の会社を紹介し、複数社で業務を行うとこもあります。

カテゴリー: はじめに | コメントをどうぞ

初めてのご訪問の方へ

松山市で新築住宅を検討されている方向けに、これから住宅を建てるにあたり知っておきたいタイムスケジュールや簡単な用語や住宅業界の商慣習について、当サイトに掲載されている「安全」「安心」な取引を心がけている住宅関連会社ご監修の元掲載しているお役立ち情報ページです。新築住宅を検討中だが、難しいことが多いので分からないという方、何から始めたら良いのか分からない方、ここには、松山市付近を商圏とする「安心」「安全」な取引を心がけておられる住宅関連企業の皆さん(専門家)の知恵・生の声が詰まっております。「住宅を検討する前にこの内容を知ってもらうことで、後悔するような家は建てて欲しくない」という、住宅の専門家の熱い思いが詰まったページですので、最後までゆっくりご覧ください。 最後に、当ページのご監修にご協力頂きました各住宅会社様には、この場をお借りしまして、厚く御礼申し上げます。 (免責事項) ここでは、住宅に関する用語、スケジュール、アドバイスなどについて、各許認可番号を有する住宅会社にご監修いただき、その皆様の一般的な解釈・概念について掲載しておりますが、平易な表現を用いているため、各専門用語とは解釈・意味合いが異なる場合がございます。ご了承ください。また、当サイトに関する一切の情報に対して、その原因の如何を問わず、当サイト上に含まれる全ての情報・全ての内容・全てのコンテンツなどから生じる如何なる損失に対しても、当サイトに関わる全てのものは一切責任を負いません。

カテゴリー: はじめに | コメントをどうぞ